乳児湿疹 対策 痒み

乳児湿疹の対策は乾燥しないように気をつけましょう

赤ちゃんのカサカサした肌、赤く痒そうな肌、プツプツとニキビのような肌。どれも見ていて可哀想になりますよね。

 

これらの乳児の肌にできる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びます。

 

乳児湿疹の正しいケアをしていないと、長引いてしまったり悪化してしまうことも…。

 

では乳児湿疹の正しい対策をご紹介しましょう。

 

乳児の肌の乾燥やニキビ

新生児から生後5ヶ月頃、頬や額にできやすい赤いプツプツを「新生児ニキビ」と言います。

 

また頭や髪の毛の生え際、眉毛や耳の後ろなど皮脂が溜まりやすい場所にカサカサとしてかさぶたのようなものができます。

 

これを「乳児脂漏性湿疹」と言います。

 

これら全てが乳児湿疹という症状です。

 

乳児湿疹のかゆみは注意が必要

赤ちゃんの肌はとても薄く、水分をたくさん保つことができないために乾燥しやすくなります。

 

よって自分の肌を守るために皮脂の分泌量を増やします。
ですから乳児湿疹は殆どの赤ちゃんが通る道でもあるのです。

 

乳児湿疹は肌が強くなっていけば、段々となくなり改善することが多いので、そこまで心配することではありません。

 

ですが注意しなければならないのは乳児湿疹によるかゆみです。
赤ちゃんはかゆみを伴うと掻きむしります。

 

赤ちゃんにはかゆみを我慢することはできないので、傷ができても掻くでしょう。

 

これによって傷口から細菌が侵入し、細菌感染することも…。
結果化膿して「とびひ」になってしまうと治すのが大変です。

 

酷いと「ブドウ球菌性熱傷様皮膚炎」という非常に危険な状態になることも考えられます。

 

かゆみが余りにも酷い場合は「アトピー性皮膚炎」の可能性もあります。
自己判断せず皮膚科を受診しましょう。

 

自宅でできる対策とは

乳児湿疹の主な原因は過剰分泌した皮脂であり、余分な皮脂を落としてあげることが大切です。

 

また乾燥もしやすいので、充分な保湿も重要です。

 

乳児湿疹ケアのポイントは洗浄と保湿。
赤ちゃんの場合は注意点がいくつかあります。

 

肌を洗うポイント

赤ちゃんの肌を洗う場合には低刺激の石鹸(透明のものがオススメ)か全身用のベビーソープで清潔に保つことが重要です。

 

またカサカサとしたかさぶたのようなものを取ろうと強く洗ってしまうと、過度の刺激となり傷付けてしまいます。

 

気になるようなら洗う前に、ベビーオイルでかさぶた部分をふやかしてから洗うようにしましょう。

 

肌を洗った後の保湿

肌を洗った後はすぐに保湿することが重要です。
清潔にした状態でベビーオイルを優しく塗ってあげましょう。

 

また赤ちゃんの肌をケアする時には肌を傷つけないよう、爪が短くした状態で。

 

赤ちゃんが自分の顔を触って傷つけないように、赤ちゃんの爪も小まめに切ってあげるといいですね。

 

まとめ

乳児湿疹の対策には洗浄と保湿が重要であることをご紹介しました。
乳児湿疹を完全に予防することは難しいものです。

 

過剰に気にしすぎずに正しいケアを続けていれば、自然と改善していきます。

 

清潔を保って、小まめに保湿。
このポイントを押さえて見守っていきましょう。

 

乳児湿疹の症状は体やお腹や足にもできるのか?乾燥との関係について

乳児湿疹は乳幼児期に見られる湿疹の総称で、主に乳児期に多いとされています。

 

新生児から生後6ヶ月あたりまでの赤ちゃんに多く見られるのは、やはり肌が薄く少しの刺激でも反応してしまうからだと言えるでしょう。

 

湿疹が現れるのは他の病気が潜んでいることもあります。

 

いざというときのためにも、乳児湿疹の症状を覚えておきましょう。

 

乳児湿疹の症状とは

乳児湿疹は刺激やアレルギーなどに反応して痒みを伴う湿疹です。

 

肌が弱いこの時期は鼻水やよだれ、汗、ミルクなどのカスなどでも刺激となります。

 

症状としてはカサカサと乾燥した状態であったり、赤くプツプツができる、かさぶたのようなものができるなど様々です。

 

湿疹の発生時期や肌質によっても症状が違うので、その時の症状にあった対処療法をしなければなりません。

 

新生児期に多い脂漏性湿疹

新生児期は皮脂の分泌量が非常に多く、皮脂がたまりやすい頭や髪の毛の生え際、首のあたりにニキビのようなプツプツができます。

 

乾燥というよりは、皮脂の分泌が盛んでその名の通り脂がたまりやすい時期です。

 

生後2、3ヶ月からの乳児湿疹

新生児期に多かった皮脂の分泌が徐々に減り始め、肌が乾燥しやすくなります。

 

カサカサと乾燥した赤ちゃんの肌は、バリア機能が低下している状態で少しの刺激でも湿疹ができやすくなってしまいます。

 

湿疹はお腹や足、体に出るの?

湿疹は主に顔周りが多いとされていますが、基本的に全身にでる可能性があります。

 

個人差はありますが、湿疹が出やすく悪化しやすい部位を挙げていきましょう。

 

顔周りや体の内側などの皮膚が薄い部位

特に目や口の周辺、首は皮膚が薄いので湿疹が出やすくなります。

 

皮膚が薄い部位は乾燥しやすく、少しの刺激でも反応してしまうからだと言えます。

 

よく汗をかいてたまりやすい部位

特に足や腕の関節の内側、頭皮や背中、首の付け根に汗をかきやすく、あせもなどの湿疹ができやすいしょう。

 

赤ちゃんは大人と比べて、汗の量が格段に多いです。

 

大人が暑く感じなくても、赤ちゃんの髪の毛がびっしょり濡れていることはよくありますよね。

 

まとめ

熱がなく湿疹が出ているのであれば、そこまで神経質になることはありません。

 

湿疹が出やすい部位が分かれば対処もしやすいですよね。

 

汚れや汗がたまりやすい部位を優しく洗って清潔に保つこと、乾燥しないように小まめにベビーオイルで保湿してあげましょう。

 

また熱を伴ったり我慢できない程の痒み症状があるのであれば、別の疾患の可能性もあります。

 

気になることがあれば皮膚科や小児科を受診しましょう。